八幡平スマートファーム、岩手銀行盛岡本店にて日本公庫、岩手銀行、いわぎん事業創造キャピタルの3行による協調融資・出資について記者会見を行いました

 岩手県八幡平市で施設野菜経営を行う株式会社八幡平スマートファーム(本社:岩手県八幡平市、代表取締役社長:兒玉則浩、以下八幡平スマートファーム)は、養液栽培ハウスの建設等に必要な資金 計357百万円の協調融資・出資を株式会社日本政策金融公庫(略称:日本公庫)盛岡支店(支店長:中村康利)農林水産事業、株式会社岩手銀行(代表取締役頭取:田口幸雄、以下岩手銀行)、いわぎん事業創造キャピタル株式会社(代表取締役社長:稲垣秀悦、以下いわぎん事業創造キャピタル)の3行から受け、岩手銀行本店(岩手県盛岡市中央通一丁目2番3号)にて、去る11月27日に記者会見を開催いたしました。

左より、八幡平市農林課長佐々木泰彦様、日本政策金融公庫盛岡支店長中村康利様、弊社代表兒玉則浩、
岩手銀行平舘支店長布田学様、いわぎん事業創造キャピタル代表取締役社長稲垣秀悦様

日本経済新聞Web版2019年11月27日付「岩手の地熱ハウス栽培、3.5億円調達 バジル通年出荷へ」

日本経済新聞Web版2019年11月28日付 「地熱+IoTでバジル栽培 岩手の農場3.5億円調達~3機関から」

朝日新聞デジタル版の記事はこちら

時事ドットコムニュースの記事はこちら

本リリースに関するお問い合わせ先

○株式会社八幡平スマートファーム
 総務統括部 広報室
 TEL:0570-02-1115